プロフィール

久櫛縁

Author:久櫛縁
駆け出しSS作家。
オリ主? 最強? ハーレム? なんでもいいんじゃない? の、無節操男。
ネタさえあればなんだって書いてやるぜっ! でも、鬱展開だけはカンベンなっ!

元はオリジナル畑で頑張っていた。
そっちはそっちでほそぼそと書いていたり。

好きなお酒は日本酒。
好きなつまみは寄せ鍋。

酒の呑みすぎが気になる今日この頃。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

久遠天鈴~かぜのうた~
サイト『久遠天鈴』のブログ。 拍手の返信や、私記など
書きたい気持ちを抑えられないので書いてみることに
前々からアセリアアセリア言っていたので、気付いている人もいたかもしれませんが……

永遠のアセリアの二次小説を書き始めました。
まあ、下手に出してエタるのも不本意なので、ある程度以上書いたら公開します。
いつの間にか話にでなくなったら、それは没になった証なので黙ってスルーしてもらえると助かります。

一応、中盤までのプロットとラストは決まっているので、上手くすれば……って、そもそも需要あるかな? ない気がするけど、私は気にしない。
あ、オリ主物です。最強系、にはならないはず。ある程度強くないとあの世界観だと瞬殺なので、それなりになるでしょう。


さて、そんな新作話は置いといて、今回の更新は妖夢ルートの後日談です。
……この二人は、割とストレートに好きって言わせやすいことに気がついた。
読みなおしてかゆいかゆい。が、後悔はない。

あ、拍手の返信は続きからです。
スポンサーサイト

■ 続きを読む。 ■
なんか最近、更新が一週間感覚に
書こうって思いつつも、なんか時間が足りない……何故だ。以前も同じくらい時間がないときに二、三日ごとに更新してたのに。

ネタの枯渇? いやいや、考えれば意外と出てくるんだけどなあ。
モチベの低下? うーん、書きたいとは思っているんだけどなあ。
スランプ? ドクタースランプ。

いや、ま。そーゆー時期なんでしょう。またそのうち、書きたくなる時期が来る。きっと来る。

とかなんとか、遅くなった言い訳をしつつ……

今回の更新は、奇縁譚二百八話。久方ぶりに新たな力を手に入れる良也。そして相変わらずなのだった、ってお話。
文章的に、強化フラグ? かと思った方はすみません。

では、拍手の返信は続きから
■ 続きを読む。 ■
アセリア一周目完了。そしてスピたんへ
なんか、この前からこのことばかり書いている気がしますが、永遠のアセリア一周目クリアしました。
とりあえず、メインヒロインアセリアで。
エンディングテーマは、相変わらずストーリーに超合うな……。

そういえば、PS2版の糞長いラストダンジョンは消えていましたね。個人的には嬉しいけど、多分、どっかで出てくるんだろうなあ。
そしてすぐさま二週目……に行く前に、サブスピが気になってスピたんを引っ張り出してきました。攻略キャラがロリ縛りの狙い過ぎなこのゲーム。ミュラー先生にお願いしまくりつつ、一周目完了――って、一週間でした。



そういえば、拍手でも掲示板の方でも、500万ヒット記念の小説は賛否両論出てますね。
お題が『良也の活躍』なのに、あんまり活躍していなかったせいでしょうか。あの主人公は、本気で活躍させるのが個人的に難しいので、今後の課題ですね……。

ちなみに、もう一つのプロットとして、以前ぶちのめした陰陽師・桂が所属していた『わくわく陰陽カンパニー』なる秘密結社が、良也に復讐のため仕掛けてきて返り討ち――というまこと活躍させるためだけの話もあったんですが、結局お蔵入りと相成りました。


さて、それはそうと、久し振りに本編の話です。今回は奇縁譚二百七話。
博麗神社の、いつもの生活。その一部が出てきます。

拍手の返信は続きから。
■ 続きを読む。 ■
500万ヒット記念ー
一番自分的に書きにくいやつが一位を取っちゃったので、うんうん唸っていました。

最終的に、活躍……しているとはっきり断言できないものになってしまった気がします。大活躍を期待してくれた方はすみませんー、とまあ、言い訳は置いといて。

500万ですねえ。結構、カウンターが回った気がします。
なのはで新連載の構想も、ぽしゃってしまい、次どうしようかなあ、と悩んでいる最中です。

まあ、しばらくは奇縁譚をゆるゆると続けつつ、なにかいい題材がないか探してみますね。
いっそ連載じゃなくて短編をちょこちょこ書こうかな、なんて思っています。中途半端にとらハの短編がちょろっとだけあるって状況ですし、今。

前も書きましたが、今は永遠のアセリアプレイ中。……流石に、これの二次は、私の技量では書ききれないなあ。

あ、web拍手の返信は、また夜にでも出します。
>追加しました。今朝の更新まで時点の分の返信です。
■ 続きを読む。 ■