プロフィール

久櫛縁

Author:久櫛縁
駆け出しSS作家。
オリ主? 最強? ハーレム? なんでもいいんじゃない? の、無節操男。
ネタさえあればなんだって書いてやるぜっ! でも、鬱展開だけはカンベンなっ!

元はオリジナル畑で頑張っていた。
そっちはそっちでほそぼそと書いていたり。

好きなお酒は日本酒。
好きなつまみは寄せ鍋。

酒の呑みすぎが気になる今日この頃。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

久遠天鈴~かぜのうた~
サイト『久遠天鈴』のブログ。 拍手の返信や、私記など
通勤時間と部屋が変わった以外、まるで変化がない……
引っ越してから結構経ちます。
大都市東京での生活。心機一転、色々変わるんだろうなあ、と思っていた時期が私にもありました。

まるで進歩していません。なにせ、休みの日はご飯食べに言ったり食材買いに行ったりする以外、ほとんど出歩きませんし。
休みの日とか、仕事が終わった後とかは、こうして小説とか書いていますし。じゃなかったら、二次創作読み漁ったり、動画見てたりするし。

あとは酒。……あ、新しい居酒屋に行くようになったのは変化かも。でも、安いところにしか行かない。一品が殆ど200~300円のところとか。

これで幸せなんだから安いなあ、と。


さて、なにはともあれ奇縁譚百六十八話を更新しました。どうでもいいけど、百六十八と打とうとして百炉中と打ってしまった。色々と妄想がかき立てられる。
今回は一輪さんにご登場願いました。姐さん姐さんと、聖大好きな彼女です。
ついでにネズミにも登場。最後はヤバげなネタを披露しています。
……うん、次辺りから霊夢たち再登場かな。

拍手の返信は続きから
スポンサーサイト

■ 続きを読む。 ■
風邪……
インフルじゃなかったけど、ちょいと風邪引きました。
金曜日休んじゃったZE。土曜も、午前はしんどかったです。

まあ、食うもん食って良く寝てたら治りましたが。そろそろ寒くなってきたのに、体を冷やしすぎたか……
酒は百薬の長ってことで、土曜の夜は酒を呑みました。日曜日、午前中気持ち悪かったです。……阿呆だ、私。でも、そんな自分がちょっと可愛い、みたいな?


……さて、それはそうと、本日の更新は奇縁譚百六十七話。
星蓮船編三話目。今回は、私的に星編一番の萌えキャラ(何)小傘の登場。彼女が一度使った一人称『わちき』は大好きです。

拍手の返信は続きからー
■ 続きを読む。 ■
ポスターを一枚、ぺたり
部屋をオタクっぽくするのは、客が来た時にアレだなあ、と思っていたので、本棚に並べる本以外は、それっぽいアイテム(そんなに量はないけど)は全て見えないところに保管していた私ですが……この度、初めてそれ系のポスターを部屋に貼り付けてみました。

『聖なるかな』を買った時付いてきた、スティックポスター。
なるかなはユーフィ以外はどうでもよかったので、彼女をぺたりと。

……うん、意外といいかもしれぬ。他になんか特典とかあったかな。GAのは……やめとこうかな。


そんな風に、新居の改造を楽しみつつ、奇縁譚第百六十六話を更新しました。
今回はいきなりEXステージ。正体不明とか言いながら、すぐ自分を鵺だって明かすあの女の子が登場です。
……いや、どう考えてもあれはおかしいでしょ、と言う話。

返信、続き、拍手。
■ 続きを読む。 ■
星解禁
今回の更新から、星蓮船のネタを解禁です。まあ、ちょっと遅かった気もしますが。

星は、スペルカードが復活したのが個人的に嬉しかったですね。あと魔界とか久しぶりに出てきたし。
しかし、それよりなにより、一番印象に残っているのは早苗さんですね。やっぱり。EXルートの彼女は、ものすっごい輝いていた。ドドメ色に輝いていた。

一応、これまでの経緯もあるので、奇縁譚ではいきなり性格変わったりしませんが、徐々に毒されているところを表現したいと思っています。

さて、本日の更新は奇縁譚百六十五話。星編、一話目です。
いつもは異変は霊夢だけだけど、今回は三人。宝船を発見した三人は、目の色が変わります。

さて、拍手の返信は続きから。
■ 続きを読む。 ■
久櫛縁復活久櫛縁復活!
皆さん。お久しぶりです。約半月ぶりにネットに復帰しました。

東京への引越しも無事に終わり、荷物も大体片付きました。

部屋も中々いいところを見つけ、新生活を満喫しています。……立地が線路沿いで、電車の音がすごいうるさいですが。
近くに中々良い居酒屋もあるし、総合的には満足です。特に、名古屋に住んでいた頃欲しかった安いおでん屋さんが駅のすぐ近くにあるのが……あ、特定されるかな?


まあ、色々と引越しで忙しくはあったんですが、三百万ヒット記念のさとり編だけは書いておきました。
今日更新。

さとりみたいなキャラは、どうにも恋愛を絡ませるのは難しかったです。なんていうか、一人で完成されていると言うか、男イラネー的な感じなので。
心を読めるってのがネックでしたねえ。とりあえず、さとり編とか言いながら、さとりの出番が少ない気がしますが……どうでしょうかね

大分溜まっていた拍手の返信は続きからです。
■ 続きを読む。 ■